はじめに Windows10自動アップグレードについて

5月13日頃からWindows 7/8.1が勝手にWindows10にアップグレードされる現象が発生しております。「マイクロソフトは Windows 7 および Windows 8.1 をお使いのユーザー様が、Windows 10 へのアップグレードをさらに簡単に行えるよう取り組んでいます。」とのことですが、ソフトウェアやハードウェア等の問題で現在のOSのまま使いたいユーザー様も多いと思います。しかし、このアップグレードは、ユーザーがキャンセルしない限り、勝手に実行されてしまいます。
そこで、このスケジュールによる「自動アップグレード」を避けるための方法を下記外部リンクよりご紹介します。
Microsoft Japan Windows Technology Support (Microsoft Technet)外部リンク
コメットウェブでは、Windows10に関するサポートを行っております。よくわからない、自信がないなどお困りの方はお気軽にお問い合わせください。


Windows 10情報

2015年7月29日からWindows 10へのアップグレードの提供が始まりました。
前バージョンのWindows 8/8.1があまりに評判が悪かったため新OS(基本ソフト)に期待している人も多いと思われます。実際、約1ケ月の間に世界中で7500万台以上の端末にインストールされたとMicrosoft社が発表しました。
なお、Windows 10は、2016年7月28日まで無償でアップグレードできます。

※Windows 7の場合、SP1まで、Windows 8/8.1の場合、Windows 8.1 Update1までアップデードが必要です。(Windows Update経由の場合)

Windows 10の特徴

最後のWindows サポート期間は永久 ...etc

アップグレード方法

システム要件、エディション、...etc

Windows 10既知の情報

Windows 10の分かっている7つのポイント

Windows 10不具合情報

ソフトウェア、ハードウェアの分かっている不具合情報

その他注意事項

アップグレード後の更新プログラムの提供など

コメットウェブのご提案

Windows10アップグレードのお手伝い



お問い合わせ

Windows 10の特徴

Windows 10は、前バージョンのWindows 8/8.1でタッチ操作を基本にしたのに対して、マウス、キーボードをメインにし、またタッチ式の端末にも使いやすく設計されています。そのためWindows 7以前のユーザーにもWindows 8/8.1以降のユーザーにも使いやすいOS(基本ソフト)です。
Windows 10は、最後のWindowsとも言われています、その訳は、OS(基本ソフト)の買い替えが必要なくなるということにあります。つまり、今までのOS(基本ソフト)は、数年おきに一新されてきたのに対し、Windows 10は、数か月おきに無料で更新されるので、常に最新のOS(基本ソフト)が動いているという事になります。
それゆえにサポート期間というものはなく、まだ記憶に新しい「Windows XPのサポート終了」というようなことは発生しません。そのパソコンが動作している限り、半永久的に使えます。
Windows 10は、タブレットやスマートフォンでも動きます。アプリも共通なので同じ感覚で利用できます。また、、Xbox(ゲーム機)との連携もできます。


アップグレード方法

システム要件

お使いのWindows 7、または、Windows 8.1が最新の状態であることが必要です。Windows 7 Service Pack 1( SP1)または、Windows 8.1 Updateが動作していることを確認してください。確認方法がわからない場合は、こちらを参考にしてください。

  • メモリ:32 ビット版では 1 GB以上、64 ビット版では 2 GB以上
  • ハードディスク空き容量:32 ビット版 OS では 16 GB以上、64 ビット版 OS では 20 GB以上
  • グラフィックス:DirectX 9 以上 (WDDM 1.0 ドライバー)
  • ディスプレイ解像度:800×600 以上

エディション別

お使いのWindowsによって、次のエディションのWindows 10にアップグレードされます。
Windows 7
現在のエディション アップグレード後のエディション
Windows 7 Starter Windows 10 Home
Windows 7 Home Premium
Windows 7 Professional Windows 10 Pro
Windows 7 Ultimate

Windows 8.1
現在のエディション アップグレード後のエディション
Windows 8.1 Windows 10 Home
Windows 8.1 Pro Windows 10 Pro
Windows Phone 8.1 Windows 10 Mobile

Windows 10の既知の情報

Windows 10には、DVD再生用のコーデックがデフォルトでは搭載されていません。DVDを鑑賞したい人は、再生ソフトウェアを導入しなければならなくなります。Windows Media Playerでは再生できません。

⇒ Windows Media Player がインストールされていた以下のエディションから Windows 10 へアップグレードすると、最初の更新時に「WIndows DVDプレイヤー」が自動でインストールされることがわかりました。
Windows 7 Home Premium、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate、Windows 8 / 8.1 with Media Center
※Windows Media Center が付いていなかったエディションでは、「Windows DVDプレイヤー」はインストールされず、別途購入する必要があります。

Windows 7 Home Premium、Windows 7 Professional、Windows 7 Ultimate、Windows 8 Pro with Media Center、Windows 8.1 Pro with Media Center のいずれかがインストールされている場合に Windows 10 をインストールすると、Windows Media Center が削除されます。限られた期間内に ("適格期間")、このいずれかの旧バージョンの Windows ("対象システム") から Windows 10 にアップグレードしたシステムには、DVD 再生アプリ ("Windows DVD プレーヤー") がインストールされます。
注: Windows DVD プレーヤーはアップグレード直後にはインストールされない場合があります。初回の Windows Update が正常に実行された後で、Windows DVD プレーヤーがインストールされます。Window ストアから Windows DVD プレーヤーを購入することができるのは、(i) 適格期間が過ぎた対象システム、(ii) 対象外のシステム、(iii) アップグレード後に Windows 10 がクリーン インストールされた対象システム (Windows Update で対象システムかどうか判別できないため) のいずれかの場合となります。

Windows 7 にあらかじめインストールされていたソリティア、マインスイーパー、ハーツの各ゲームは、Windows 10 にアップグレードする際に削除されます。新しいバージョンのソリティアとマインスイーパーとして、"Microsoft Solitaire Collection" と "Microsoft Minesweeper" が既にリリースされています。

Windows 7 デスクトップ ガジェットは、Windows 10 のインストール時に削除されます

Windows 10 の OneDrive では、プレースホルダー ファイルがサポートされません。Windows 8.1 では、OneDrive 内に存在するがデバイスのローカルには存在しないファイルについてはプレースホルダーが表示されました。Windows 10 では、同期されるフォルダーをユーザーが OneDrive 設定で指定することができます。

フロッピー ドライブがある場合は、Windows Update または製造元の Web サイトから最新版ドライバーをダウンロードする必要があります。

Windows 10 ProやWindows 10 Enterpriseなどには、Windows Updateの種類やタイミングをユーザーが自由に調整できる「Windows Update for Business」なる機能が用意されています。しかしWindows 10 Homeには、このWindows Updateの自由なカスタマイズ機能が提供されません。いきなり予期せぬタイミングでWindows Updateがかかってしまう悲劇に見舞われる可能性が高まったりしなければよいのですが〜。


Windows 10の不具合情報等

弊社にて動作確認できたソフトウェアの一部です。

  • Adobe CS6(Photoshop CS6、Illustrator CS6、Dreamweaver CS6、Fireworks CS6)
  • Microsoft社以外のブラウザ
    • ・Google Chrome 動作していますが、再インストールしたほうがいいです。
    • ・Mozilla Firefox 不具合があります。Firefox 40.x.x以上にバージョンアップが必要です。
    • ・Lunascape 不具合があります。Lunascape Orion 6.10.0RC4にバージョンアップが必要です。

NEC Mate等で正常動作を確認しましたが、パソコン本体を含め、プリンターなどの周辺機器は、各メーカのホームページにて確認してください。Windos 10対応状況やドライバーが提供されている場合があります。


その他の注意事項

元のOSに戻す

Windows 10にアップグレードしたあと、何か問題があったときは、31日以内であればアップグレード前のWindows 8.1やWindows 7に戻すことができます。
ただし、データなどは保持されますが、Windows 10へのアップグレード後に追加した設定は失われます。つまり、元のWindows 8.1/7の設定に戻ります。また、アプリによっては、戻したあとに再インストールが必要になる場合もあります。元に戻す作業に失敗すると、最悪の場合はOSが起動不能になることもあります。


コメットウェブのご提案

株式会社コメットウェブでは、Windows10へのアップグレード作業を承ります。

バックアップ作業などのオプションも提供しておりますので、詳しくはお問い合わせください。

オプションサービス

  • ・データバックアップサービス まさかの場合に備えて、ドキュメント、メールなどのバックアップを取り、DVD等で提供いたします。プログラムのバックアップはできません。
  • ・HDDクローンサービス 現在のハードディスクの内容をそのまま別のハードディスクにコピーします。データーはもちろん、プログラムや、各設定も引き継ぎます。ハードディスクを換装するだけで、クローン化した時点に戻せます。

あとがき

Windows 10は全体的にはよくできている印象。Windows 7から大きく変わった印象はありませんが、目立ったバグはないし、不正終了も今のところ少ない。Windows 7の使い勝手の良さに、タブレットでも使えるモードを加えたという感じ。また、タスクビューなどの新機能を盛り込んでいます。あえて言えば、アプリが少ない。Officeなど実務的には問題ないが、スマホで使えるゲームなど、Windows10版はリリースされていないものが多く、タブレットでゲームをやりたいゲーマーには物足りないかもしれません。また、タブレットでは、アイコンが小さいのでタッチペンがあったほうがいい。

アップグレードの推奨時期は、ずばり、来年の春頃。この頃には、ある程度のバグフィックスなど改善されていると思われ、また、7月末に迎える無償アップグレード期限の駆け込み時期も避けられます。

▲ ページトップへ